KIKUCHI ART FESTIVAL vol.3

パフォーマンス

トラオレ・ラミン

西アフリカ・マリ共和国出身。7歳からバラフォンを、20歳からジェンベの演奏を始める。
マリ国内にて演奏経験を積んだ後、アフリカ各国、ヨーロッパ、そして日本でと活動を広げる。
自らが作詞・作曲を手がける楽曲以外にも、ジャズ、クラッシック、邦楽との共演も行う。

これまでに、CDアルバム Ho DUNIYA(2010年)、MAMA、MALILA、N’BAOUDI(各2014年)をリリース。2017年「第4回熊本アートフェスティヴォ!」審査員特別賞受賞
自身の内側から出てくるものに忠実であることを第一とし、音楽を通して人生の厳しさや生きる楽しさを伝える。

マリ音楽に楽譜はなく、全てが口承で引き継がれている。現地に自生する木、動物の革、そして瓢箪を用いて作られた楽器もまた、口承されるものの一つである。
音楽と共に生まれ育ってきたラミンにとっては、人生そのものが音楽である。
ぜひ目を閉じて、西アフリカサハラの乾いた風を感じてほしい。