KIKUCHI ART FESTIVAL vol.3

開催概要

「菊池アートフェスティバル」は菊池市の地域振興を目的としたアートの祭典です。3回目となる今回は「アートと出会う場所」をテーマに2日間開催いたします。

菊池市は菊池一族の歴史と美しい里山、豊かな農産物に恵まれた文教の町です。古くは京都五山に倣った菊池五山が整えられた禅文化の華開いた土地でもあり、隈府は九州一の文化都市でありました。

我々は菊池をアートで満たし、芸術の里とすることでより多くの人々に知ってもらいたいと考えています。その為にも、このアートフェスティバルを通して、アーティストの活躍の場を広げていきます。

[正式名称]
菊池アートフェスティバル vol.3

[基本理念]
アーティストたちの創作発表活動を支援し、市民に広く芸術とふれあう機会を提供することで、菊池が文化都市として発展していくことを目指しています。
アートは人生を豊かにします。
人々の感性をはぐくみ、多様性を尊重する芸術が、地域社会に活性をもたらす。それらの象徴として、菊池アートフェスティバルは機能していきます。

[日時]
2019年5月4日(土)~5月5日(日) 10:00~17:00

[開催場所]
菊池生涯学習センターKiCROSS

[入場料]
無料

[問い合わせ先]
080-9276-3822 (橋本)

[主催]
菊池アートフェスティバル実行委員会

[後援]
菊池市/一般社団法人菊池観光協会

[協力]
Kumamoto Art Organization

実行委員長ご挨拶

出会い、そして別れというのは誰しも等しくあります。たったひとりとの出会いで人生が変わることは往々にして、珍しいことではありません。けれど、その出会いから始まったことが、他のたくさんの人へ繋がり、より多くの人と共有の経験を得られるまでに広がり続ける。ありがたいことにオレにはこう言える出会いがありました。

今回の菊池アートフェスティバルのテーマは「アートと出会う場所」です。どうぞ、この菊池アートフェスティバルでナニかとの出会いを見つけてもらえれば、と思います。

子供たちに夢を体感してもらうことは、大人のちょいとした愉しみです。その子供たちが大人になって、キクロスに子供を連れてきたとき「そういえば子供のころ、ここでナニかに出会ったな〜」と、ふと思い出してもらえれば、ええかなって思います。

菊池アートフェスティバル 実行委員長
野中賢吾

市民プロデューサーご挨拶

このアートフェスティバルが、皆さんにとって「アートと出逢う」場所になること望んで、開催したいと考えています。

「アートと出逢う」こと、それはいろんな意味を持ちます。来場者の皆さんにとっては、美しさに感動する出逢いかもしれませんし、未知との遭遇、かもしれません。今までにない、衝撃の出逢いが待っているかもしれません。

そして参加しているアーティスト自身も、また新しい「アートとの出逢い」を常に模索していると思います。アートと出逢う場所の代表格といえば美術館ですが、美術館は一人のアーティストや、一つの流派、一時代などにフォーカスして、展示を作ってあることがほとんどです。

私は、美術館にいるとき、展示されている作品が浮かぶ海に思いっきり飛び込んで、深く深く潜っていくような感覚になります。その静けさを一人じめする幸せを感じているのでしょうか。アートフェスティバルは、美術館とは少し違って、いろんなジャンルの、生まれ育った背景も違う、いろんな人たちの作品が、目まぐるしく飛び込んできます。

子供のころ、お祭りや遊園地を訪れたときのような、心の底から湧き上がる、どうしようもないワクワク…。そのワクワクが、あなたとアートが出逢っている瞬間、なのではないかと思うのです。

アートと出逢うことに、どんな意味があるのか…それは人それぞれ違いますが、少なくともアートが全く無い世界よりも、ちょっとだけ心が豊かになることはお約束できます。

菊池アートフェスティバルは今回で3回目を迎えます。菊池という地で、アートと出逢う1日を、皆さまが心から楽しめますように。

菊池アートフェスティバル 市民プロデューサー
吉田舞子