KIKUCHI ART FESTIVAL vol.3

アーティスト

小材啓二

油彩
絵はモチーフの説明ではない。何に魅力を感じ、どう表現したいか、 どう表現したら満足できるのかの、苦悩の日々である。

 

高校時代から絵を描く道を考えて美術教師の道へ進んだが、ほぼ独学という時代が長く、県美術協会の先輩方に刺激を受けながら描いていた。
東京の美術団体、示現会に出品し、研修会に参加するようになると、その力に圧倒されそうになったが、個性的でありたいという気持ちで描いてきた。
絵の道は深く、高い。
一生の仕事と思って精進したい。

経歴
昭和23年 鹿本町(現山鹿市鹿本町)生まれ
昭和45年 鹿児島大卒業後、熊本県の教師をしながら、県展、示現会展、日展へ出品をつづけ、
平成11年 教職を退いた後、(一社)示現会のお世話をしている。

受賞歴
昭和51年 県美展努力賞
昭和56年 県美展奨励賞
昭和59年  会友努力賞、安田火災美術財団賞、大内田賞、示現会賞
平成28年 日展特選受賞

展示歴
昭和46年 熊日総合美術展、21世紀アート大賞展
昭和47年 熊本県美術協会展
昭和51年 (一社)示現会展
平成5年 日本美術展